とよた日本語学習支援システム
日本語 Português 中文 English Español

tel お問合せ

FAQ

Q1.「とよた日本語学習支援ガイドライン」って何ですか?

A.このガイドラインは、外国人の日本語能力レベル記述や、日本語能力判定方法、学習内容、学習方法、学習支援方法、学習支援者の育成方法などについての包括的な指針と項目を記載した「仕様一覧」のことです。これを参照し、現場に応じた支援のあり方を考えていきます。

TOPへ

Q2.「とよた日本語能力判定」って何ですか?

A.対面式のインタビューと筆記試験によって、その人が日本語で何ができるかを判定します。外国人にとっては、現時点での日本語能力が把握でき、今後の学習方法や学習内容の決定等に役立ちます。また、外国人と接する日本人にとっては、彼らとのコミュニケーションや日本語学習支援のあり方を考える際の参考になります。

TOPへ

Q3.「とよた日本語能力レベル」って何ですか?

A.とよた日本語学習支援システムに関わるすべての人にとって共通のものさしである「日本語能力評価基準」のことで、0レベル(未学習段階)~6レベル(熟達段階)の7段階からなっています(このHPの「システムの紹介」を参照)。本システムの支援対象となる0,1レベルと2レベル以上を分ける「対象者判定試験」と、1~4レベルを判定する「レベル判定試験」があります。

TOPへ

Q4.「とよた日本語能力レベル」の“要支援レベル”ってどんなレベルですか?

A.外国人が日本人と日常的なコミュニケーションをとる際に、日本人側に何らかの支援(ゆっくり話す、わかりやすい日本語で話す、ジェスチャーや絵・文字を交えて示す等)が必要とされるレベルを指します。そのような支援があれば、簡単な質問に答えたり、指示を理解したりでき、自分の身の回りの社会参加が日本語で行えます。

TOPへ

Q5.システムの支援対象はどんな人ですか?

A.「とよた日本語能力判定」の結果、0,1レベルと判定された方が対象となります。これらの人に対する日本語学習支援にかかる費用は本システムで負担し、必要に応じてプログラム・コーディネーターや日本語パートナーを派遣します。

TOPへ

Q6.プログラム・コーディネーターになるためにはどうすればいいですか?

A.下記「お問合わせ」より、①氏名、②住所(市区町)、③電話番号、④活動可能な曜日・時間帯を明記の上、「プログラム・コーディネーター希望」の旨ご連絡ください。一定期間、日本語パートナーとして教室活動に参加していただいた後、「プログラム・コーディネーター養成講座」を受講。修了後、活動場所のマッチングを行います。また、その後も各種研修会等ブラッシュアップの機会を設けています。

Q7.日本語パートナーになるためにはどうすればいいですか?

A.下記「お問合わせ」より、①氏名、②住所(市区町)、③電話番号、④活動可能な曜日・時間帯を明記の上、「日本語パートナー希望」の旨ご連絡ください。その時点で参加可能な教室があれば、次回活動日から参加していただけます。また、公開講座や教室ごとに開かれる事前説明会、フォローアップ研修会にも積極的にご参加ください。

TOPへ

Q8.どうすれば、新しい日本語教室を開いてもらえますか?

A.「日本語教室を開いてほしい」、「日本語が学習できる場所を作りたい」という方は、まず「お問い合わせ」に問い合わせていただくか、システム・コーディネーターにご相談ください。なお教室開設にあたっては、事前に以下の点を確認させていただきます。

①本システムの支援対象者(とよた日本語能力判定2レベル未満)が5名以上いる。
②当該地域または企業において、日本人住民または日本人従業員が日本語パートナー(ボランティア)として日本語教室に参加する。
③本システムによる支援修了後も日本語教室を継続する予定がある。

この時点で相談者の希望と合致しない場合は、日本語教室開設及び運営支援以外の支援について説明します。本システムでは日本語教室の開設・運営支援はもちろんのこと、外国人住民の日本語能力を測る「とよた日本語能力判定」の受験、日本語教室に来られない人のための「とよた日本語eラーニング」の利用などの支援を提供しています。また日本人住民に対してもコミュニケーション能力向上のために「日本語パートナー」としての活動の場の提供、日本語パートナー養成のための研修の受講などの支援を行っています。システム・コーディネーターは相談者と相談し、ニーズなどを検討することで必要な支援を提供していきます。

TOPへ

Q9.日本語教室を開講し運営・支援してもらうのに、いくらぐらい必要ですか?

A.クラス運営にかかる費用には、主に、プログラム・コーディネーターの人件費(謝金・交通費)、場所代(光熱費含む)、教材費(コピー代含む)、などが必要になります。ただし、「とよた日本語能力判定」の結果、“要支援レベル未満”と判定された方を対象とするクラスの場合は、プログラム・コーディネーターの人件費と教材費は本システムで負担します。また、クラス開講前後のシステム・コーディネーターとの打合わせや各種相談、「とよた日本語能力判定」などにかかる費用は、実際にクラスを開講するか否かにかかわらず、すべて本システムで負担します。

TOPへ

Q10.「とよた日本語eラーニング」は、だれでも使えますか?

A.はい、どなたでも無料でご利用いただけます。
※推奨動作環境:IE7(Microsoft Internet Explorer ver.7)以上

TOPへ

webからお問合せ