とよた日本語学習支援システム
日本語 Português 中文 English Español

tel お問合せ

行動計画

構築スケジュール

とよた日本語学習支援システムは、平成19年度(2007年度)に実施した予備調査の結果に基づき、平成20年度(2008年度)から2年間で、豊田市内に在住、あるいは在勤の外国人が円滑な日常生活を営むために最低限必要な日本語能力を習得することを支援する包括的なシステムを構築してきました。
そして、平成23年3月にシステム運営の指針となる「日本語学習支援ガイドライン」を公開し、平成23年度(2011年度)から本格的な運用・普及を開始しています。

構築スケジュール

予備調査等の実施

名古屋大学に委託し、予備調査を実施
企業内で日本語学習を支援するボランティアの養成講座を開催
(豊田市国際交流協会)
企業内での日本語教室(2社)を施行実施(豊田市国際交流協会)

学習支援の基本方針策定

試作カリキュラム・教材等の策定

(モデル教室開設の準備)

システムコーディネーターを配置し、地域コミュニティ関係者、企業関係者へ日本語教室開設の打診、要望のヒアリング等を通じて教室開設に向けた検討・調整
とよた日本語能力判定テスト試作
人材育成(プログラムコーディネーター,日本語パートナー, とよた日本語能力判定テスター)
とよた日本語能力判定テスト試行
e-ラーニング用Web教材試作

モデル教室の実施、学習効果等の調査・分析

自宅学習用Web教材の試作

試作カリキュラム、試作教材等を使ったモデル教室の運営
モデル教室での学習効果等の調査
試作カリキュラム、試作ガイドライン、試作教材の評価

日本語能力レベル判定基準の策定

試作カリキュラム・教材等の改良

試作カリキュラム、試作ガイドライン、試作教材の改良
日本語能力レベル判定基準の策定
試作Web教材の効果等調査・改良

レベル判定基準の策定

本格運用に向けた準備

改良したカリキュラム、試作ガイドライン、試作教材を使ったモデル教室の評価、改良をし完成させる
日本語能力レベル判定方法の策定

本格運用の開始・普及

上位レベルの試作カリキュラム・学習支援方法の策定

「とよた日本語学習支援ガイドライン」に基いた日本語教室の開設準備から開設後の運営・評価、改善、日本語能力判定、人材育成・派遣、教材提供・改善
公開講座の開講・実施・運営
上位レベルの施策カリキュラム・学習支援方法に基づいたモデル教室の運営

上位レベルの学習方法等策定

CBT(Computer Based Test)の制作

eラーニングコンテンツの充実

上位レベルの施策カリキュラム・学習支援方法に基づいたモデル教室の運営・評価・改善
コンピュータを利用した「とよた日本語能力判定試験レベル判定テスト」の試作・試用・評価
モバイル・デバイスを利用したeラーニングコンテンツの試作

普及、継続