とよた日本語学習支援システム
日本語 Português 中文 English Español

tel お問合せ

支援内容

「とよた日本語学習支援ガイドライン」に基づいて「地域に密着し交流の要素を兼ね備えた日本語教室」の開設準備から開設後の運営・評価、改善などの支援を行います。また、プログラム・コーディネーター、日本語パートナー等人材の派遣・育成も行います。
システムが運営する教室では、日本語による交流を通して、外国人が「周囲の支援に基づいて基礎的な社会参加が日本語で行える」レベル(=要支援段階)に到達するまでの学習支援と、日本人が「日本語がまったくできない外国人」(=未学習段階)や「限られたことばでしか意思疎通ができない外国人」(基礎段階)に対するコミュニケーションのあり方を提案しています。
(詳しくはこちら

日本語によるコミュニケーション能力の把握を目的とした、オリジナルのインタビューテスト(会話能力)と筆記テスト(読み書き能力)を行います。テストには教室に参加できるかどうかを決める「対象者判定テスト」と日本語能力レベルを測る「レベル判定テスト」があります。
レベル判定テスト後には、各受験者が日本語で何が理解でき、何が伝えられるのかを示した「判定結果シート」をお渡しします。
(詳しくはこちら

研修会の開催や個別指導・相談等により、「とよた日本語学習支援ガイドライン」を参考に教室運営を行うことができるプログラム・コーディネーター(専門講師)や日本語パートナー(ボランティア)の育成を支援します。
(詳しくはこちら

基本的な社会行動が日本語で行えるレベルまで上達することが目標です。「市役所」「病院」「学校」等における日本の社会の仕組みと、そこでの会話の両方が同時に学べるように設計されたコンピュータ教材です。また、文字(ひらがな・カタカナ)や履歴書の書き方も練習できます。
(詳しくはこちら