とよた日本語学習支援システム
日本語 Português 中文 English Español

tel お問合せ

システム紹介

システム概要

はじめに

豊田市は平成20年度より名古屋大学、豊田市国際交流協会、地域コミュニティ、企業の協力のもと、「とよた日本語学習支援システム」の構築、普及に取り組んでいます。

目的

このプロジェクトでは、地域コミュニティの維持・向上を目的として、豊田市内に在住または在勤の外国人が円滑な日常生活を営むために最低限必要な日本語能力を習得することを支援する包括的なシステムを構築・普及することを目指しています。また、外国人住民と日本人住民の接触機会を増やし、相互理解の促進および双方のコミュニケーション能力の向上を支援し、多文化共生社会の実現に寄与することを目的としています。さらに、プロジェクトの成果およびシステムの構築プロセスを外部に発信することで、他の自治体および国レベルでの取り組みに繋げていきます。

事業内容

○とよた日本語学習支援ガイドライン」に基づき、日本語教室の開設準備から開設後の運営・評価、改善、日本語能力判定、人材育成・派遣、教材の提供、改善を行います。
○地域コミュニティ、企業のニーズに応じて「地域に密着し交流の要素を兼ね備えた日本語教室」の開設準備から開設後の運営・評価、改善を行います。このプロジェクトでは「日本語がまったくできない外国人」、あるいは「ほとんどできない外国人」を支援の対象とし、彼らが「周囲の支援に基づいて基礎的な社会参加が日本語で行える」レベル(=要支援段階)に到達することを到達目標としています。
○日本語教室の開設準備から開設後の運営・評価、改善を行う「プログラム・コーディネーター」の育成、派遣します。
○日本語教室で、同僚や近隣の外国人たちと交流することにより、彼らの日本語学習を支援する「日本語パートナー」を募集、育成、派遣します。
○日本語教室、地域コミュニティ、企業のニーズに応じて、「とよた日本語能力判定試験」を実施し、外国人の日本語能力レベルを判定します。

とよた日本語能力レベル

詳しくはこちらpdf